FC2ブログ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ゴフクカナコ

Author:ゴフクカナコ
陶芸担当です。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~go-fuku/

カレンダー+最終更新日

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

 

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃

2011.03.07 23:50|日々
土曜日、大学時代の恩師、吉原卓男先生の展覧会を見に本町まで出掛けた。

「沖の島、集落の“かたち”~環境デザインの視点から~」
http://www16064u.sakura.ne.jp/wordpress/?p=62

高知県、宿毛の港から船で1時間の島は、厳しい地形と環境に適応した集落がある。その集落の”かたち”を環境デザインの視点から調査した展覧会だ。



ちょうど私がお邪魔した時、島出身で今は関西に住んでいる方々が来られていた。



大学生の時、私は環境デザインの勉強をしていた。吉原先生のゼミは厳しい事で有名だったが、2回生から3年間、先生のゼミを選択し、毎日毎日、地図と図面と模型と格闘した。

紆余曲折の後、今は違う分野になってしまったが、その時に学んだ事は私のモノづくりのベースになっている。

あの全力で考え、迷い、悩んだ日々がなければ、今こうして一人でモノづくりをする事など出来なかっただろう。





そして今日、陶工訓練校の同期生(といっても、10才くらい年下の…)から突然のエアメール。

2ヶ月前からインドを旅しているとのこと!!文面から、毎日が新しい出逢いに溢れ、刺激的な日々を過ごしている様子が伝わってくる。


あの頃の私も毎日が刺激的だった。早く何かをみつけたくて、必死だった。


今は、どうだろう。

自分の工房もある。
作品を作り、発表する事も出来るようになった。

でもやっぱり、考え、迷い、悩む事は終わらない。

ただ、あの頃より少し、それを楽しめるようになった。

必死にみつけるのではなく、
ゆっくりみえてくるんだと思うようになった。


ちょっとは成長できたかなぁ?


いやいや、まだまだ。

まだまだ成長中です!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。